桜葉のお茶のメモを探していた時、ノートの中にこんな走り書きが有った。
「径山茶は急須で入れると美味」。

径山茶は浙江省杭州の緑茶で、日本の茶の祖ではないかとされている由緒正しい?お茶で、大人しい甘みと清々しい香りを持った、奥ゆかしい味わいの良いお茶だと思う。

で、どうなの?急須で淹れるとホントに美味しいの????
早速実験開始!先ず、ちょっと小さめの磁器の急須で、中国茶として淹れてみる。
蓋碗で淹れた時より、ちょっと香りがカタいかな?でも、甘みがすごく出てる。
次はお煎茶風に温度を低くしてじっくり淹れる。思いっきり旨味が抽出されてるけど、香りはダメか・・・。まぁ、当然だね。
やっぱり、中国緑茶は香り!!次に甘み!とか思っている私には、ビミョ~な結果となってしまった。
うーん、なんだかんだ言っても、蓋碗かグラスで飲むのが一番かなぁ。
でも、時々急須で淹れてみよう、もっと美味しく入るやり方が有るかもしれないし。
実験、結構面白かった。